水濂橋歩道

20180903140344983342293.JPG   
20180903140213530037923.JPG   
ビジターセンター(郷道竹41号線4.55キロ地点)の玄関を出て右に曲がると、水濂洞(梵音寺)に到着します。水濂洞は、天然のアーチ型の洞窟であり、獅頭山寺院群最北端の海抜最低地点(H150)にあり、最大かつ最も顕著な寺院岩窟です。上方右側の石子渓に架かる桟橋と歩道に戻ると、日本統治時代の1918年(大正7年)に架けられたレトロ感あふれる糯米橋があり、渓流によって形成された一線天渓谷を俯瞰することができます。沿道は緑に覆われて涼しく、徒歩で一回りすると約1350メートルの距離になります。
 
歩道名 総延長(m) 所要時間(分) 沿道の主な見どころ 注意事項
水濂橋歩道 500(1350) 30(60) 水濂橋、糯米橋 遊歩道は濡れていて滑りやすいため、歩行する際はご注意ください。

Google 地図

アクセス情報

交通機関を利用する場合:
竹東から新竹バス北埔及び珊珠湖行きに乗り、北埔バス停で降ります。小南坑行きに乗り換え、九份仔バス停で降ります。大坪渓に沿って歩けば到達です。
車で行く場合:
竹林ICで降ります→1200県道に沿って竹東方向へ向かいます→竹東→3号省道に沿って北埔に行き、左折後直進すれば到着です。
GPS:(N)24°39’16.7”/(E)121°01’31.8”
最終更新日:2018-11-19

観光情報

  • 経緯度:
  • 120.999092, 24.678826
  • 電  話:
  • 886-3-5800689
  • 営業時間:
  • 24h
旅のテーマ

関連イベント