八卦山生態ビジターセンター

20170802153254516395293.JPG   
八卦山脈生態ビジターセンター   
障害者用設備   
大型のワシのランタン展示   
大型のワシのランタン展示   
解說   
八卦山脈生態ビジターセンターは、八卦山大仏区付近に位置し、2001年3月17日に完成、オープンしました。ビジターセンターでは主に、毎年3月の春分前後、北へ帰る際に通過、または一時的に八卦山脈に住むサシバ、八卦山脈の動植物の生態について紹介しています。当センターは台湾初のサシバのテーマ館で、サシバに関する生態記録が保管されています。

サシバは猛禽類に属し、捕食性が強く、食物連鎖の頂点に立っています。毎年春が訪れると、北方の天気が暖かくなり、サシバは春分の清明節の前後に南方から北の繁殖地に帰ります。途中八卦山風景区、大肚山等の場所を経由し、しばらく住むことから、「南路鷹、清明鳥、掃墓鳥」とも呼ばれています。冬の寒さが訪れると、サシバは10月の国慶節前後に南下し始め、越冬します。また、墾丁の満州郷を通過することから、「国慶鳥、満州鳥」とも呼ばれています。
 
当センターの外壁には特別に、現地の芸術家である王楨文先生が創作したサシバの紙彫刻が施され、また、拡大して作られた大型のサシバの鉄鋼彫刻が訪れた皆さんを迎えています。「サシバテーマ館」に入場する前にサシバがテーマであることがはっきりと分かり、さらに、子供から大人まで、フェイスブックの人気チェックインスポットとなっています。
 
内部の展示スペース1階は、大型のワシのランタン展示、八卦山風景区歩道及びサイクリングロードの紹介、猛禽類の紹介コーナー、ミニシアター、視聴室、地方の特産品の紹介があります。2階の展示スペースには、サシバの展示室(サシバの映像スタンドパネル、サシバのリアル模型、移動ルートの紹介、タッチパネル式クイズとパズル)、サシバの生態と人文特別展、八卦山脈地質展示コーナー、八卦山風景区でよく見られる植物の解説、タイワンザルの展示コーナー、蝶々お姉さんのおはなし、よく見られる昆虫コーナー、生態ツアー展示コーナーがあります。
 
ビジターセンターでは、トラベルインフォメーション、動画観賞、団体のガイド予約、旅行情報パンフレット等のサービスを提供しており、また、バリアフリー施設となっています。ぜひご家族やお友達と一緒に、現地の生態ツアーを体験してみてください。

Google 地図

最終更新日:2017-01-20

グルメ情報

  • 経緯度:
  • 120.55576719999999, 24.0785106
  • 電  話:
  • 886-4-7289608

関連イベント