厳選生態観光スポット

参山国家風景区は、国内の5つの県市に跨る非常に広大な風景区です。そのため、風景区内の地質景観、動植物の自然生態資源が多様かつ大変豊かで、都市を離れて自然を尋ね、知る場所として非常に適しています。地質景観を見ると、獅頭山風景区の多くが丘陵から山地にかけての緩衝地帯で、地形は河岸段丘地、丘陵地、高山地となっています。地質は主に砂岩と頁岩が交互になった層で、崖を形成しやすくなっています。梨山風景区は大甲渓流域に属し、河川の地形は変化が多く、沿岸では壮大な絶壁、奇岩が見られ、河岸の景観は非常に変化に富んでいます。

 

獅頭山の植生では、常緑喬木のクスノキや中国の広東、広西原産のカントンアブラギリが見られます。そのため、毎年4、5月には山野いっぱいに白い花が見られ、遠くから見ると白い雲が枝にかかっているように見えることから、「夏の雪」とも呼ばれています。その他にも、通称豆蔻と呼ばれる月桃の花も、毎年5月から7月に連なった乳白色の花を満開に咲かせ、旅行客を迎えてくれます。山では数種類の蔓植物が多く見られ、台湾特有の亜種鳥類のカンムリワシが、中、低海抜の広葉樹林に棲息しています。カンムリワシは、通常小動物を食べ、特にヘビ類を捕まえることを好むため、「蛇鷹」とも呼ばれています。 猛禽類の他、山地では黒と白が入り混じった長い尾、ロイヤルブルーの羽毛、黒い頭胸と真っ赤なくちばし、足の「ヤマムスメ」─タイワンアオカササギも見られます。そして、まるでヤマムスメと意思の疎通ができるかのような「シナアマガエル」。 シナアマガエルには膨らむと頭よりも大きくなる鳴のうがあり、鳴き声が非常によく響くため、雨怪または雨蛙とも呼ばれています。最もはっきりした外観の特徴は、頭と口の周りから目、鼓膜から肩の上方まで、濃い色の1本にのびたまだらで、まるで黒褐色の眼帯をしているようです。中横公路に沿って梨山に入ると、ニイタカアカマツが道沿いに並び、歓迎してくれるかのような光景が見られます。ニイタカアカマツは松やにを豊富に含んでおり、テレビン油やロジンの重要な原料です。その他、冬の終わりから初春の中横の山壁では、白い雪がゆらゆら動く姿が見られ、まるで雪が降っているかのように錯覚しますが、これはタイワンシジミバナ、俗称珍珠花(真珠花)、噴雪花です。動物では、台湾の特有種で指定保護動物の「ミミジロチメドリ」を見ることができるかもしれません。ミミジロチメドリは目の周りに白く長い線がすっとのび、さらに数本のフリンジをつけたようなおしゃれなスタイルです。また、「フイ、フイ、フイ、フイ…」と尾音が上がるよく響く鳴き声は、森の中で最も印象深い音です。その他、 台湾人によく知られているタイワンマスもまた、この地域で人工復元を受け、自然に放たれます。そのため、運がよければ間近で見ることができます。この世界レベルの貴重な魚たちにはくれぐれもやさしく接しましょう!