獅頭山

獅山-北埔コース客家料理の宴席を予約

獅山小学校を改築して建てられた獅山旅客センターは、獅山地区の観光案内所です。旅客センターの隣にある元教職員宿舎は、「狂心を歇す、歇すればすなわち菩提なり」の理念にのっとり、客家文化を主軸としたテーマ・レストラン「歇心茶楼」に改築されました。擂茶・客家餅・東方美人茶などを味わうことのできる、美しい風景と美食の両方を兼ね揃えた旅の休息に最適な場所で、歇心茶楼の周辺には数多くのアブラギリの木が茶楼を取り囲むように立っており、毎年5月の桐の花のシーズンには多くの人々が詰めかける大人気のスポットとなっています。特に桐の花が散る頃は獅山風景区全域がまるで真っ白な絨毯が敷き詰められたようになり、ロマンティックなムードに包まれます。また、旅客センターのわきには獅山古道・六寮古道・藤坪歩道ハイキングコース・水濂洞ハイキングコースなど獅頭山の古い寺院や廟へと通じる数々の登山道があり、登山愛好家がたびたび訪れる人気の登山ルートとなっています。

北埔冷泉-南庄コース手つかずの自然が残る軍事道路

五指山レジャーエリアで山登りに挑戦 五指山は新竹県の北埔・竹東・五峰3郷の村々にまたがる山脈で、参拝者の多い宗教的景勝地であるとともに、変化に富んだ森林景観を有し、多くの登山客やサイクリング客を惹きつけています。見晴らしの良い高所まで登ると、桃園・新竹・苗栗地区の景色を一望することができます。

南庄-三湾コース旧商店街の賑わい再び

ノスタルジックな南庄旧商店街 かつて採鉱で栄えた南庄は、そのノスタルジックでのんびりとした雰囲気から、現在は観光スポットとして人気を集めています。閩南人・客家人・タイヤル族・サイシャット族の全てがここに集まり、それぞれが特有の文化を保有しながら共存しています。日本統治時代に建設されたランドマーク的建築物がほぼ完全な形で残り、旧商店街の桂花巷や水汴頭の洗濯坑、南庄劇場などは休日になると多くの人々で賑わいます。また、自家製麺で作った麺類やキンモクセイの白玉スープかき氷などは、ここを訪れたらぜひ試してみたい人気グルメで、お土産も購入することができます。

三湾-峨眉湖-獅山コース 山水明媚な地に漂う人情と茶の香り

ひっそりとした山塘背の登山道 山塘背とは主に三湾・銅鏡・大河の3つの村の間に挟まれた谷を指します。先人たちはここで池を掘って養殖をしたり農地を耕したりして、農耕生活を送っていました。山塘背ハイキングコースは稜線に沿って切り開かれており、入口は台3線97.7キロ地点にあります。環状の中級者向け登山道は全長約5キロメートル。約1~2時間で歩き切ることができ、道の途中では客家水路洗濯場や伯公廟遺跡の他、大きな池や竹林、桐の木、果樹などといった自然そのままの天然資源を見ることができます。

南庄-八卦力・向天湖・鹿場部落コース サイシャット族とタイヤル族の秘境を発見

南江の村でロハスを楽しむ 南庄は山を背に、前方に川が流れる農林業に非常に適した土地です。124号線沿線は南江レジャー農業エリアとなっており、マスの養殖が盛んで、マスの主要生産地でもあります。同エリアはかつてのレストラン型経営からレジャー農場・農村民宿といった経営スタイルにモデルチェンジを果たし、旅行客は果物の収穫を体験したり、美味しい料理やコーヒーを味わったり、豪華なマス料理を堪能したりすることができ、充実したサービスを提供しています。南庄へお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

アクセス

公共交通機関をご利用の場合

◎ 新竹客運竹東停留所(珊珠湖線:竹東-北埔・峨眉)(獅山線:竹東─北埔・峨眉・獅山)

◎ 苗栗客運頭份停留所(新竹-南庄、獅頭山経由)、苗栗客運南庄-仙山(蓬莱経由)・南庄-東河

◎ 高速鉄道高速鉄道新竹駅→1階ホール4番出口→6番バス乗り場で「台湾好行:獅山線」に乗車

◎ 台湾好行(停車する停留所は台湾好行公式サイトの掲載内容に準じます。台湾好行公式サイトは http://www.taiwantrip.com.tw/

◎ 南庄線 ◎ 向天湖線 ◎ 仙山線 ◎ 獅山線

お車をご利用の場合

◎ 国道1号線頭份IC─県道124号線を珊珠湖方向へ─台3線を北上─峨眉─竹41線【台3線を南下→三湾→県道124号線】─獅山旅客センター

◎ 国道1号線頭份IC─県道124号線を珊珠湖方向へ─台3線─峨眉・北埔

◎ 国道3号線竹林IC─県道120号線を竹東方向へ─台3線─竹東・北埔・峨眉

◎ 国道1号線頭份IC─県道124号線を珊珠湖方向へ─台3線を南下─三湾─県道124号線─三湾・南庄