アリスの楽園

20180830162726777495638.jpg   
20180830160917353483996.jpg   
20180830160924540996249.jpg   
20180830161032228638860.JPG   
20180830161125400614815.JPG   
清朝雍正11年(西元1733年)に建てられ、今も現存する建物は道光28年(西元1848年)に改修されたニ殿式構造で、三級の古跡に指定されました。
寺では主に観世音菩薩と媽祖を祀って、昔から台湾中部の「二寺」の一つと呼ばれています。宝蔵寺では、寺の中の清朝嘉慶が賜る「宝山第一」の古い額、広東の職人によって建てられた建築物、および護龍室外の古い鐘、その三つを見学することができます。毎年媽祖の誕生日(旧暦3月23日)と元宵節に「砲城を攻める」、「燈籠の下であける」など行事を行い、台湾の伝統を受け継いでいます。
寺の後には後山遊楽区と繋ぐ連絡道があり、駐車場、景観庭園区、青少年が利用できるスポーツジムなどの遊楽施設などは親子が一緒に楽しめる場所となっています。毎年5月から7月の間、芬園ではいろいろな品種の茘枝(ライチ)が豊かに実っており、とてもみずみずしくておいしく、必ず食べてほしい果物の一つです。
ホームページ:http://www.alicegarden.com.tw/

Google 地図

アクセス情報

交通機関を利用する場合:
彰化駅で草屯方向へ向かう彰化バスに乗り換え、社口バス停で下車します。そして員林方向に向かう彰化バスに再度乗り換え、進芬バス停で下車し、右に曲がって徒歩約5分で到着です。
車で行く場合:
国道3芬園IC→台14丁→中山路→芬園レジャーヘルシー園エリアに到着です。

周辺情報 探索周圍

最終更新日:2017-01-20

観光情報

  • 経緯度:
  • 120.625898, 24.0021659
  • 電  話:
  • 886-48-590909
旅のテーマ

関連イベント