老樟母女樹

老樟母女の樹   
南投市内の県道139号線沿いには、老樟母女樹、ライチ王、百年プルメリア、老楓など、たくさんの貴重な老木があります。中でも県道139号線33.2キロメートル地点の鳳山里の老樟母女樹は最も有名であり、その樹齢は300年余りあります。この地はもともと「楠普寮」と呼ばれ、かつては楠林が広がっていましたが、後に人口流入のために大規模開発が行われてほとんど伐採されてしまい、この老楠だけが今も残る貴重な存在です。
楠からは樟脳を精製できるため、大量の外貨を獲得できた楠油はかつての台湾の重要な輸出農産物でした。また楠は良好な風景を形成する街路樹でもあります。
現在、八卦山エリアにはたくさんの楠があります。老樟母女樹の近くにはオランダ人が持ち込んだ樹齢400年余りのプルメリアがあります。その枝と幹は鹿の角のように湾曲した奇妙な形をしており、その花の香りは人々を楽しませています。
ほかにも詩にプルメリアが残されています。異郷の地に植えられたプルメリアの幹は鹿の角のようであり、枝の先に楕円上に葉をつけ、中心が黄色の花からは淡い香りが漂います。鳳山の楠は白骨を残し、藍氏がオランダ人と融合し、100年の老木は永遠に再生されるのです。
 

Google 地図

アクセス情報

公共交通:
公共の交通機関を利用しての行き方:車で南投に行き、南投から員林方向の彰化バスに乗り換えます。樟普寮バス停で下車し、徒歩約5分で到着です。自家用車利用の場合の路線と行き方:国道3号南投IC→台3線→成功3路→県道139→老樟母女の樹に到着です。
車で行く場合:
国道3号南投IC→台3線→成功3路→県道139→老樟母女の樹に到着です。
最終更新日:2018-10-29

観光情報

  • 経緯度:
  • 120.62560050000002, 23.944156
  • 電  話:
  • 886-4-7287488
  • 営業時間:
  • 24h
旅のテーマ

関連イベント