楓之谷-1956秘密の花園

カエデの谷―1956秘密花園   
メープルリーフ   
花園   
カエデの谷   
エントランス   
カエデの谷   
カエデの谷―1956秘密花園   
景色   
景色   
メープルリーフ   
標高(海抜):1956m

台湾省道8号線中正路のロータリー下、梨山ホテルの前方50メートルにある「楓之谷-1956秘密の花園」は、参山国家風景区管理処が2013年から2014年にかけて「四季花見公園」を再整備したものであり、海抜1956メートル地点にちなんで名付けられました。
園内では、山の地形を生かしてさまざまな植物が栽培されています。紅葉は、秋だけでなく、タブノキやイロハモミジなどが赤い新芽を出す春、そしてノムラカエデに至っては1年を通して葉が赤紫色を呈していて、年中楽しめます。またトウカエデやナカハラカエデは、春には青々としていますが、美しさは失われていません。台湾省道7号線甲支線から梨山へアクセスすると、梨山地区の一部が一面赤に覆われている景色を俯瞰することができますが、それがまさに当園です。
楓之谷-1956秘密の花園がある場所には、かつて梨山国民宿舎がありました。中部横断道路(中横公路)の開通に伴って梨山が重要な交通の中継地となり、日々増大する宿泊ニーズに対応するために観光用宿泊施設が設けられましたが、後に地滑りが起きたことにより、安全を考慮して営業が停止されました。
その後2003年になって、参山国家風景区管理処がこのエリアを四季花見公園として整備し、山の地形を利用してさまざまな植物を栽培し、梨山の新たな美しい観光スポットにしました。花々がほころぶ時には、観光客の目を喜ばせる絶好の場所として、四季折々の美しい風景を楽しめます。
 梨山の上質で豊かな観光資源を提供するため、家内、商売、恋愛、財、健康の5つの福の充足を象徴する「五福祈願鐘」、大雪山脈と中央山脈の聖稜線を見渡せる展望台、先住民タイヤル族のイラストおよび梨山の四季の風景と産物の結びつきを描いた「レインボーウォール」、心と山の脈動の共鳴を提供する「ウォーターフォンエリア」、先住民タイヤル族の文化をうかがい知れる「藤棚」、美しい星空を鑑賞するための「星空観賞チェア」など、景観を楽しむためのさまざまな設備の設置や特殊な植物の栽培を行っています。

Google 地図

アクセス情報

交通機関を利用する場合:
1.国光バス:宜蘭-梨山(朝07:00;午後12:40 計2本)約4時間で梨山ホテルに着きます。徒歩約30~45分で到着です。2.豊原バス:台中-梨山(朝08:00 計1本)約6時間で梨山ホテルに着きます。徒歩約30~45分で到着です。3.花蓮バス:花蓮-梨山(朝08:40 計1本)約4時間で梨山ホテルに着きます。徒歩約30~45分で到着で。
車で行く場合:
1.国道3号(霧峰系統214K)→国道6号(東に向かって37K埔里の端)→台14線(霧社方面に向かって)→台14甲線道路→台8線道路(中横道路)→梨山→福寿山農場方向に向かって約2キロメートルで到着です。(福寿路14号)
2.台北(国道5号、台9線北宜道路を経由、台11線浜海道路を経由)→頭城→宜蘭(台7線)→棲蘭(台7甲線)→思源埡口→武陵農場→梨山→福寿山農場の方向に向かって約2キロメートルで到着です。(福寿路14号)
3.花蓮(台8線)→太魯閣→大禹嶺→梨山→福寿山農場の方向に向かって約2キロメートルで到着です。(福寿路14号) 梨山ホテル→ロータリーから徒歩約5~10分で到着です。
最終更新日:2018-10-29

観光情報

  • 経緯度:
  • 121.14999999999998, 24.2666667
  • 電  話:
  • 886-4-25981331
  • 営業時間:
  • 24h

関連イベント