鹿場部落

20180830174339083314162.jpg   
20180830174808943212338.jpg   
鹿場の海抜はおよそ850メートルで、かつて泰雅族(タイヤル族)の久布斯社がここに住んでいたことから、旧称「久布斯」と呼ばれていました。その後、鹿場の山岳には多くシカが存在していたことから、漢人が南庄に入って開墾した際に時、「鹿場」という名前をつけました。鹿場は豊かな炭鉱を所有しており、民国の5、60年代(1960~1970年)、炭鉱が採掘され、ゴールドラッシュに沸きかえったことから、人口も4百数人に増えました。しかし、ここは台風の通り道でもあり、大きな災害がよく発生にすることから、民国65年(1976年)に政府の指示の元して、村を引っ越しました。集団的に村を引っ越したことはこれが始めてですだ。ただし、部分の原住民は平地の生活に慣れることができなく、あるいは山の産業を経営するために、鹿場に戻り、今、ここにはおよそ百数人の住民が住んでいます。

Google 地図

アクセス情報

GPS:(N)24°32’24.3”/(E)121°01’39”
最終更新日:2017-01-20

観光情報

  • 経緯度:
  • 121.027466, 24.540780
  • 電  話:
  • 886-3-7821452
旅のテーマ

関連イベント