捎来吊り橋

捎来吊り橋   
捎来吊り橋   
捎来吊り橋   
台中市和平郷南勢村及び自由村一帯の捎来渓河谷の傍には、タイヤル族原住民の祖先が捎来渓河谷の傍に住んでいました。その部落の長の呼び名の音が「捎来shaolai」であったことから、その後次々と掛けられた吊り橋は捎来吊橋と命名されたという言い伝えがあります。

Google 地図

アクセス情報

交通機関を利用する場合
1.豊原客運(バス)(台中から谷関へ、途中で豊原、東勢に停車します)谷関豊原客運総駅で降りて、来た方向に向かって五分ほど歩くと右に見る事ができます。
2. 153(副)台湾鉄道・台中駅-新市政-東勢-谷関。快捷バス(台湾高速鉄道の駅バス)(台湾高速鉄道台中駅から谷関へ、途中で豊原、東勢に停車します)谷関豊原客運総駅で降りて、来た方向に向かって五分ほど歩くと右に手見る事ができます。
 
車で行く場合:
1.国道1号豊原ICで下りて→豊原市内エリア、台3線に経由して東勢へ→台8線(中横公路)へ→谷関
2.国道1号、国道3号→国道4号石岡ICで下りて→東勢→台8線(中横公路)→谷関
最終更新日:2017-01-20

グルメ情報

  • 経緯度:
  • 121.00627777777778, 24.20386111111111
  • 電  話:
  • 886-4-25951496
旅のテーマ

関連イベント