大仏風景区

20180830163038105998815.jpg   
20180830163034059109917.jpg   
20180830163026996589181.jpg   
1956 年1月、彰化県長の陳錫卿さんは八卦山風景区を整えるために、民衆を募集して大佛が建てて、1961年5月まで竣工する。大佛はすべて鉄筋とセメントで作って、高さ21.6メートル、肩幅40メートル、胸囲り134メートがあって、蓮台の両側の扉から佛陀の中に入ることができる。五階建ての大佛には大成殿の孔子、恩主殿の関公、および大佛殿の三宝仏を祀って、一年中参拝者は絶え間ない。
網址:http://www.chtpab.com.tw/front/bin/home.phtml

Google 地図

アクセス情報

公共交通:
車で彰化駅まで行きます;六股路方向に向かう彰化市内バスに乗り換え、彰化県議会バス停で下車します。大仏風景区に向かって徒歩約8分で到着します。
車で行く場合:
国道1彰化IC→中華西路→中央路→台1線→温泉路直進→大仏風景区に到着です。
最終更新日:2015-01-05

グルメ情報

  • 経緯度:
  • 120.54060099999992, 24.086223
  • 電  話:
  • 886-4-7222290
旅のテーマ

関連イベント