南庄古い町並み

20161212160459622665860.JPG   
20170816113029324954545.JPG   
20170816113031106192428.JPG   
20170816113032653057157.JPG   
20170816113023403117206.JPG   
南庄には「田尾の南へ開発した村落」の意味があり、それ故に「南庄」と呼ばれています。南庄はもともと「泰雅族(タイヤル族)」、「賽夏族(サイシャット族)」が住んでいたところで、清朝嘉慶時代に広東人の黄祈英氏が田尾に入、原住民の女性と結婚し、原住民と協力して南庄と田尾を切り開きました。そして、民国前 16年(1896年)に「田尾公館」を設立し、漢人も続々に入って開拓したので、ここでの原住民の文化がほぼ完全な状態で保たれています。
南庄は昔「林業」と「鉱業」が盛んで発達していたことから、とても有名になりました。今日の南庄はインターネット上でたくさんの人に知られるようになり、各地から人々が訪れます。、ここでは魚や、石、風景、文化などを鑑賞するこどができ、人々を飽きさせません。

Google 地図

アクセス情報

GPS:(N)24°35’55.2”/(E)120°59’55.2”
最終更新日:2017-01-20

グルメ情報

  • 経緯度:
  • 120.998767, 24.599694
  • 電  話:
  • 886-3-7824553
旅のテーマ

関連イベント