参山について

参山の由来

台湾の中部地区は気候が穏やかで、景色が美しく、雄大な山々が連なっており、また動植物の生態が豊富です。多元的な自然、人文と産業資源を有し、又、交通の便がよいため、昔から台湾で名高い観光地でした。特に獅頭山、梨山、八卦山風景区が最も有名です。

完璧で優れた旅行サービスネットを構築するため、交通部観光局は元の省級風景特定区の獅頭山、梨山、八卦山の3か所を合わせて、「参山国家風景特定区」を設立しました。そして2001年3月16日に「参山国家風景区管理処」を設立し、風景区の運営管理を専門に行っています。