自然生態

動物資源

動物資源

本区は大甲渓流域に属し、河川の地形は多様に変化し、川岸には壮大な岩壁、怪石、碎石灘、又、川岸の景観は様々な変化が見られ、人々の目を惹きつけています。中横公路の西側、和平と裡冷の周りには大甲渓の支流の高低差から生まれたたくさんの断層、河岸段丘や滝があります。

植物資源

植物資源

梨山風景区には谷関や梨山があり、海抜500メートルから2,000数メートルまで、中低海抜の山林生態と大甲渓渓谷の地形を持ちます。本区の植物相は、海抜1,500~2,500メートル間では温帯の針葉樹に属す、紅檜、台湾杉、台湾二葉松などがあります、海抜500~2,100メートル間では暖温帯の雨林に属す、広葉樹と針葉樹の混合林で、主に楠木科、殻斗科などの常緑樹です。海抜500メートル以下では常緑広葉樹に属す、台湾欅、雀榕、などがあります。海抜、地質、土壌、日が差した方位の違いに従って、本区の中低海抜の地域には蕨、黄苑、鳳仙花などがよく見られ、また台湾原生種の森氏杜鵑花、細葉杜鵑花、赤毛杜鵑花、台湾馬酔木、玉山白珠木などの美しい高山植物を観賞することができます。

地形と景観

地形と景観

梨山風景区には谷関や梨山があり、海抜500メートルから2,000数メートルまで、中低海抜の山林生態と大甲渓渓谷の地形を持ちます。本区の植物相は、海抜1,500~2,500メートル間では温帯の針葉樹に属す、紅檜、台湾杉、台湾二葉松などがあります、海抜500~2,100メートル間では暖温帯の雨林に属す、広葉樹と針葉樹の混合林で、主に楠木科、殻斗科などの常緑樹です。海抜500メートル以下では常緑広葉樹に属す、台湾欅、雀榕、などがあります。海抜、地質、土壌、日が差した方位の違いに従って、本区の中低海抜の地域には蕨、黄苑、鳳仙花などがよく見られ、また台湾原生種の森氏杜鵑花、細葉杜鵑花、赤毛杜鵑花、台湾馬酔木、玉山白珠木などの美しい高山植物を観賞することができます。

星を見る

星を見る

台湾の中部地区は天気がより安定しているので、星を見るの適した地区です。その中でも梨山は海抜2,000メートル以上で、空気が澄んでいて、公害の影響もなく、さらにすばらしい星が見られる場所です。南の空にあって、いくつかの星座が見えない以外、梨山の山頂で星がほとんど見えます。また福寿山農場の天池露営区も星見るのに適した場所です。

気候

気候

この10年来の平均気温はおよそ13度から22度で、山の海抜に従って少しずつ減らします。最も寒い1、2月にはおよそ6度から16度で、7、8月にはわりに高くて17 度から28度です。毎年の春、夏(3月から9月)の降雨量は最も多い、10月から翌年の2月は乾季で、降雨量はより少ないです。相対湿度はおよそ75%~80%の間にあります。