自然生態

動物資源

台湾馬口魚

蓬莱渓の自然生態園 魚をめでる:蓬莱渓の自然生態園

蓬莱渓は魚のかばうが成功して、水が澄みきっており、魚が群れをなして泳いでいます。これは郷里を心から愛する地元の人が自発的に構成したパトロールチームによって、水がきちんと浄化してされ、昼夜パトロールしています。そして、毒で魚を殺すこと、川に電気を流して魚をとること、魚釣りをすることなどを禁止することにより、3年間に川のかぼうをすることに成功したため、魚は水中で群れをなして泳ぐことができています。川の中の魚は主に「台湾頷魚」、「台湾馬口魚」と「台湾石賓魚」で、その中のでも台湾頷魚は、俗称「苦花」といって、体をひっくり返す時、銀白色の腹が水の中で輝くことが見えることから、「水の中のホタル」と呼ばれて、更に観光客の目を引きつける。

地形と景観

地形と景観

本風景区は新竹県と苗栗県の境目にあります。丘陵と山地がぶつかっている場所と言えます。河岸段丘、丘陵地、山岳地といった地形が観察できます。

本地区は「台湾西部麓山地質帯」に属しており中央山脈西側における漸新世や新第三紀の地向斜盆地で構成されています。屈尺断層や中央山脈における古第三紀や中新世に軽度に変質した地層で隔てられています。主に砂岩・頁岩互層なので断崖が容易に形成されます。

地形と景観

地質景観説明:

水濂洞:石井渓(石子渓)の渓水が水に浸食された岩石に沿って流れ、水のカーテンを形成しています。

大坪渓/北埔冷泉:大坪渓は川幅が広く、中流から下流にかけての流れが緩やかです。內大坪断層が本地区を通過しており、大坪渓の中流地点には冷泉が湧いています。上流から中流にかけての流れが急で、沿岸には奇石や絶壁が見られます。

龍門口:中港渓の両側は絶壁となっており下には三日月湖が見られます。南側は広い砂浜が広がっており横断する田美大橋と相まって美しい風景となっています。

石門:風美渓や比林渓が合流し石の絶壁の間から流れ出る様子は石の門のようです。

峭壁雄風:鳳陽橋から4.2キロメートルほど進むと、10キロメートル以上続く侵食崖を見えることができます。岸壁には草一本も生えておらず、砂質岩による石の渓谷となっています。

神仙谷:非常に開けた谷で上下の層に分かれています。上の層は岩床が平坦ではなく水が流れ落ちていて、岩底に多くのくぼみを形成し、美しい模様のように見えます。

月球石:南庄の有名な地形景観であり正式名称は甌穴と言います。小石や砂が穴の中で回転することによって、物理的な浸食作用が起こり現在のような大きな穴になりました。