最新情報

107-10-29

​「梨山の写像・今と昔」梨山物語写真特別展

閲覧率:156
rss
「梨山の写像・今と昔」梨山物語写真特別展
全国で最も標高の高い資料展がまもなく開幕。ぜひお誘い合わせの上、梨山ビジターセンターへ見学にお越しください!
中部横貫公路開通から60年近くが経ちます。参山国家風景区管理処(以下「参山処」)では2018年10月18日の午後1時30分より、標高2000メートルの梨山ビジターセンターにて、「梨山の写像・今と昔-梨山物語写真特別展」の開幕イベントを開催します。展示期間は2018年10月18日から2019年6月30日まで。梨山を物語る代表的な写真を通して、梨山風景区の初期から現在までの人文風情と建設発展の移り変わりに思いを馳せ、その歴史の輪郭について理解を深めていただくことができます。
今回の特別展では、1950年代頃の開拓期と道路開通及び1999年921大地震後の復興、徳基ダム建設及びタイヤル族の足跡、梨山の今と昔(梨山の昔の面影とこの8年間の景観改造と活動記録)及び梨山賓館の繁栄の日々などをテーマに、貴重な歴史写真を公開します。展覧会を通して、見学者に間近で梨山の歴史に触れていただくとともに、参山処が推進してきた梨山風景区の建設成果を伝え、梨山の新興レクリエーションスポットの魅力をPRします。
本展は単なる梨山発展史の展示にとどまらず、貴重な資料の活用という意味でも重要な価値を持っています。ぜひ皆様お誘い合わせの上で梨山にお越しになり、共に梨山風景区の歴史と文化にお立ち会いください。詳しくは参山国家風景区のファンページをご覧ください。
関連記事:
QR-Code
QR Code