横山地区

20180830153151083468085.JPG   
八卦山脈の地形は、大まかに言うと南高北低であり、その八卦山脈(八卦台地)の最高地点が海抜442.6メートルの「横山」です。横山地区からは、濁水渓が長い歳月をかけて土砂の堆積と浸食を繰り返して作った階段状の地形を見下ろすことができ、横山断崖から南を眺めると、埔中、松柏坑、赤水、大庄などの4つの段丘を見られます。
横山地区は高地にあるため、彰化平野と近くの懸崖や谷を俯瞰でき、タカが上昇気流に乗って近くの谷の上空を滑空し、獲物を見つけるなり急降下していく様子をよく見かけ、その雄姿には讃嘆させられます。3月の春分のころになると、この八卦山脈の南端はサシバの絶好の観測スポットとなり、立ち寄り、捕食、飛び立ち、落下のいずれの様子も簡単に見られます。しかし、横山地区では、カンムリワシ、ミナミツミ、カンムリオオタカなどの留鳥(季節的な移動を行わない鳥)も観察できるため、春分前後のみがタカ科のバードウォッチングシーズンというわけではありません。

 

Google 地図

アクセス情報

公共交通:
自家用車利用の場合の路線と行き方:国道3号南投IC→台3線→成功3路→県道139→横山地区へ到着です。
車で行く場合:
国道3号南IC→台3線→成功3路→県道139→横山地区に到着です。

客室タイプ

最終更新日:2018-10-29

宿泊資訊

  • 経緯度:
  • 120.64731289999997, 23.89384
  • 電  話:
  • 886-49-2222106
  • 観光旅館星ランク:
旅のテーマ

関連イベント